読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大浅冬馬のテレビ日記

テレビドラマや映画、本、芸能情報などについて、思ったことを書きます。

「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」#1

個人的評価:★★☆☆☆

ひとこと

典型的な異能者とやる気のない奴が組まされるミステリー。視聴者を代弁するキャラをワトソン役に据えることで、天才的なホームズが飛躍してしまわないようにするためだろう。

 

近年だと「ATARU」とか、「HERO」もそうかもしれない。

 

似ているところはそれだけではない。「ATARU」「SPEC」「ヒガンバナ」……天才的なホームズが閃いた瞬間に陳腐な特殊効果が画面を覆い、謎が解けると臭いセリフを吐く。

 

それが上手くいく場合もあるし、上手くいかない場合もある。今回は後者かな。

 

少なくとも今回は、視聴者に提供されている情報で十分謎が解けた。わざわざそんな場面を用意するほど立派な謎ではなかった。

 

この手のストーリーではままあることだが、小説家や脚本家が登場人物の知識に追いつかないことがある。

 

今回の謎も、骨格士でなければ解けない謎だったのかと言われれば疑問が残る。

 

その骨格士という特殊性を維持するために用意された謎も、あまりにヒントが少ない気がする。

 

物語を事実として受け止められる視聴者にこの謎は解けても、実際作品の世界に生きる人間には、証拠が足りず謎解きは困難だろう。

 

少なくとも今後はもう少し「骨のある」謎が出てくることを望む。